雛人形の処分・捨てる方法

トップページ


雛人形の供養・処分で困っているなら・・・

自宅にある雛人形…。
ずっといるとなんだか魂が宿っているような気がする…
ゴミとして捨てるとたたられそう…


このようなお悩みなら、雛人形の供養という方法がおすすめです。

神社やお寺でもいいのですが、お近くになかったりお布施が高額だったりして困っている方は、こちらをご覧ください

うちの雛人形が少し怖い…気になる


悪い夢にうなされる、雛人形に何かの気配を感じる。

体調不良や人間関係の悪化などよくないことが起こった時に、ふとあの雛人形やぬいぐるみのことが頭によぎる。

このように気になっている場合は、「雛人形の供養・お祓いをしてもらう」というのも一つの手です。

【お急ぎの方へ】
人形供養・ぬいぐるみ供養の葬送堂は、ダンボールひと箱3,300円で雛人形やぬいぐるみをお祓いしてくれます。しかも届き次第、即お祓い。メールで結果を教えてくれるそうです。


雛人形の処分について

雛人形って人によって捉え方や考え方が変わるので、色々な方法があります。費用の違いや、どれが納得できるかなどを考えながら自分はどのケースがあってるのかチェックしてみてください。

■ ごみとして出す

とりあえず、一番最初に検討するのが無料でできるこの方法ではないでしょうか?UFOキャッチャーのぬいぐるみだったり、欲しくないけどもらったような、一緒にいる時間が短かったり、特に思い入れのないお人形については、ゴミとして処分する方法が多いようです。

■ メルカリやヤフオクで出品する

状態がいいものだったり、有名な雛人形であればメルカリやヤフオクで売ってしまうのも手です。着せ替え人形やドールなどはお洋服と合わせて人気のようです。

■ 誰かにあげる

もしかしたら、今手元にある雛人形やぬいぐるみの中にも誰かにもらったものがあるかもしれませんね。

というわけで、誰かにあげるというのも、処分する方法としては有力です。

■ リサイクルショップに売る

ケース付きだったり、ある程度品質がよいものであればリサイクルショップなどのお店で売ることもできます。

■ 寄付する

雛人形やおもちゃといった子供向けのものを寄付として集めて必要な人に送ってくれる団体がいくつかあります。高価ではなくても大切にしていたお雛人形などは、きっと喜ばれるでしょう。

■ 神社やお寺で供養してもらう

雛人形供養というのは、意外とメジャーなイベントで全国各地に神社やお寺で行われています。

大切にした雛人形を供養する他にも、たたりが怖いというちょっと怖い雛人形の処分にも選ばれています。

地域によっては近くに対応した神社やお寺が無かったり、決められた時期でしかやっていなかったり、意外と料金が高かったりするというケースもあるのでご注意ください。

■ 人形供養・お祓いをする専門サービスに頼む

雛人形供養は需要が高いため、いくつか専門サービスもあるようです。

ほとんどが近くの神社やお寺と提携して取次をするタイプのようですが、対応スピードを大切にした専門サービスもあります。

自宅から宅配便で送れることや費用面の安さが特長です。

雛人形の処分の仕方のまとめ

捨てる場合や売る場合は、すぐにやろうと思えばできるはずですが、実際には手放すのに少し抵抗を感じるという方が多いのではないでしょうか?

そこで、おすすめしたいのが「雛人形の供養・お祓い」です。

特に、何か気になることが起きている場合はしっかりと確実に対処してもらえるところを探すのが大切です。

全国対応の人形のお祓いサービス

届いたその日に即日対応

  • ダンボール1箱3,300円+送料
  • 大きな箱にまとめて送っても料金は同じ
  • 到着次第、即日でお祓い
  • お祓いできたことをメールで連絡

【対応が可能な人形やお品もの】

●雛人形
七段飾り、三段飾り、五人飾り、親王飾り、御殿飾り、収納飾り、ケース飾り、立雛飾り、手のり雛、つるし雛、衣裳着人形、木目込人形、など

●五月人形
武者人形、金太郎人形、桃太郎人形、収納飾り、など

●その他の日本人形
市松人形、お迎え人形、浮世人形、つるし飾り、お菊人形、結納人形、博多人形、京人形、おやま人形、やまと人形、御所人形、和人形、能人形、鍾馗様、など

●海外の人形・アンティーク人形
古い人形、民俗人形、フランス人形、ビスクドール、スーパードルフィー、など

●ぬいぐるみ
プレゼントのぬいぐるみ、手作りのぬいぐるみ、UFOキャッチャーのぬいぐるみ、など

●着せ替え人形・知育人形・おもちゃ類
リカちゃん人形、バービー人形、ファービー、など

【配送について】
送料は利用者負担(配送手段は都合のよいものを選べます。)

よくある質問

葬送堂の人形のお祓いサービスに関する、質問をQ&A形式でご紹介しています。

Q. どんなダンボール箱でもいいの?

A. 大丈夫ですが注意があります。

規定の160サイズ、170サイズというのが一般的な配送業者で対応している大きなダンボールの上限ですが、これを超えてくると、お祓い自体が3,300円でも送料が高くなることもあるので注意が必要です。

Q. 送った雛人形やぬいぐるみはどうなるの?

A. 処分ないしは寄付になるそうです。

お祓いが終わった後は、この二つのうちどれかになります。お祓いの後に送り返して欲しいという場合は、別途相談とのことでした。

Q. 古くてボロボロになっている場合はどうすればいいの?

A. 透明な袋に包んでおくりましょう

古すぎて布地がボロボロになっていたり、少し臭いなどがあるような場合は透明な袋にいれてからダンボールに入れると受け付けてもらえるようです。

Q. 心霊現象が気になるのですが送って大丈夫ですか?

A. もちろん大丈夫です。

人形のお祓いと供養の専門サービスなので、そのような事情のお人形も送って大丈夫です。送ってすぐ対応してくれるのと、メールで連絡をしてくれるので、その点も安心です。


人形供養コラム

家中ぬいぐるみまみれという人はいませんか?私の部屋には500体以上のぬいぐるみがあり、さすがに生活空間を逼迫しつつあるのでそろそろ処分を考えているのですが処分しようするとなんだか祟られそうな気もしてなかなか捨てられません。

そんな時ネットの広告でみかけたのが人形供養でした。

供養したいぬいぐるみを箱詰めして送付するだけでしっかりお焚き上げをしてくれるというものです。

たかがぬいぐるみにお焚き上げなんて大げさかもしれませんが私には捨てるということができなかったのでこれで良かったと納得しています。

母から受け継いだ人形にお悩みの方、ゴミに出すのは忍びなくて理想としては人形供養してあげたいと思われている方もいるかと思います。

しかしながら気になるのが料金ですよね。

ゴミとして処分してしまえばお金は1円もかからないわけですから。

極力安い料金で人形供養してくれるところをお探しの方におすすめしたいのがネットでお願いできる人形供養です。

ほとんどのところが1箱当たりの価格設定なので人形をたくさん持っているという人は利用しやすいと思います。

リカちゃん人形とかって捨てるのちょっと怖くないですか?生霊じゃないけど捨てても捨てても手元に戻ってくるみたいな…。

B級ホラー映画を思い出してなかな始末できない人も多いのではないかと思います。

そんなあなたにおすすめなのが家の近くの人形供養を行っている神社やお寺さんに行ってみてはいかがでしょうか。

もし人形に魂がこもっていたとしてもお焚き上げをしてもらえれば魂は安らかに眠るでしょう。

幼少期お人形がお友達だったという人もいるかと思います。

そんなお人形たち、押入れにしまったままになっている人はいませんか?お人形をなかなか捨てられないという人にその理由をお聞きしたところ、思い出がありすぎるから捨てられない、誕生日プレゼントで貰ったものだから捨てられない、高価なアンティークドールだからなかなか捨てられない、遊びに行くときも寝るときもずっと一緒だったから捨てることなどできない、ゴミ袋に入れるのは呪われそうで抵抗があるといった理由が寄せられました。

古い人形の処分にお困りの方は人形供養としてお焚き上げをしてもらうのがおすすめです。

近頃は神社に行かなくても、専用のサイトから手続きできるところもありますよ。

人形の町としてしられる岩槻では人形供養祭というイベントが行われています。

飾らなくなったお人形を供養してくれるというものです。

日本人形や西洋人形をはじめ、ぬいぐるみなども対象品です。

鎧などを身にまとった五月人形も対象品ですが、付属品であるガラスケースなどは取り外す必要があります。

2021年は感染症拡大防止のため中止となりましたが発送すれば供養してもらえます。

供養料は配送料含まず4000円からとのことですが上限はないということかと思います。

ご自宅に人形がたくさんある方は多いと思いますが結婚のタイミングなどでそろそろ片付けようと考えている方もいるでしょう。

でもバービー人形とかってなんだか人そのものみたいで処分するのに躊躇ってしまうという人もいますよね。

お近くの神社で人形供養をしているところがあればお焚き上げして処分することができますが、人形供養をしている神社を見つけるのが難しいかもしれません。

そんな時おすすめなのが箱詰めして送るだけで人形供養を行ってくれる霊能力者の方に供養をお任せするのがおすすめです。

いいかげん人形を捨てたいのだけどそのままゴミ袋に入れるのはなんだかしのびない。

神社でお焚き上げを希望しているけども人形供養のお布施がいくらかわからないので結局処分できず途方に暮れているという方はいませんか?人形を供養するのにお布施が必要なの?と思われ方、お守りや破魔矢と同じように考えてはいけませんよ。

肝心のお布施の金額ですが、直接聞いていいものなのかちょっと悩みますよね。

そこでおすすめしたいのがお払いの金額が明示されている人形供養専門サイトです。

御霊抜き、この漢字の読み方お分かりになりますか?そのまま読んだたらおれいぬきと読めますが、こちらはおしょうぬきと読むのが正解です。

お墓から遺骨を出す際などに行う法要の事で御性根抜きや閉魂法要とも呼ばれています。

なぜ、お墓から出す際やお仏壇を処分するときに魂を抜くのかというと、そもそもお墓やお位牌を使い始めるときに御霊入れという儀式を行っているためです。

僧侶のお経によってお墓に魂が宿ると考えられているからです。

ですので、仏壇やお墓を処分するときにはお墓や仏壇をただの箱に戻さなければいけないのです。

そのため魂入れが済んでないお位牌はただの置物と言えます。

人形供養・人形処分でお困りなら

スマホやパソコンから24時間いつでも申込OK
↓ ↓ ↓